暗号資産(仮想通貨)ブログ

【ビットフライヤー】口座開設・ビットコイン購入レビュー&メリットの大きい使い方も紹介!

【ビットフライヤー】口座開設・ビットコイン購入レビュー&メリットの大きい使い方も紹介!

「とりあえず仮想通貨取引所の口座開設をしたいけど、どこがいいの?」

と迷っている方に向けて、ビットフライヤーで口座開設し、ビットコインを購入したレビューをお伝えします。
私も正直、どこの取引所がいいのか、まったくわかっていませんでした。自分でも比較していきたいので、今後は他の取引所も利用してみようと思っています。とりあえず私は、参考にしている方の意見をまるっとうのみにして、ビットフライヤーを使ってみました。

実際に、ビットフライヤーで口座開設をして良かったところ、調べた結果に見えてきたメリットやデメリットを紹介します。
結論は後半に書いてありますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

良かったところ3点

良かったところ3点

ビットフライヤーを利用して、良かったと感じた点です。

  • 口座開設はスムーズ
  • 入金も無料
  • アプリが使いやすかった

順番に紹介します。

口座開設は思っていたよりもスムーズ

参考:bitFlyer

最短10分で口座開設と記載されていましたが、私の場合は、取引開始までに6時間ほどかかりました。本人確認書類と銀行口座の承認待ちの時間が長かった印象です。
とはいえ、初めての仮想通貨取引所口座の開設でしたが、問題もなく進めることができました。

他の取引所でも口座開設を進めていく予定ですが、ビットフライヤーは簡単に取引できますよ。

>>bitFlyerをチェックする

住信SBIを利用していたので入金も無料

前々から住信SBIネット銀行を利用していたため、入金も無料でできました。

項目手数料
口座開設無料
口座維持無料
入金・クイック入金(住信SBIネット銀行):無料
・クイック入金(住信SBIネット銀行以外):330 円(税込)/件
・振込入金:振込手数料負担
出金・3万円未満の出金(三井住友銀行):220 円(税込)
・3万円未満の出金(三井住友銀行以外):550 円(税込)
・3万円以上の出金(三井住友銀行):440 円(税込)
・3万円以上の出金(三井住友銀行以外):770 円(税込)
ビットフライヤー手数料 参考:bitFlyer

他の銀行でも利用はできますが、手数料無料はありがたいです。ビットフライヤーを使いたいと考えている方は、住信SBIネット銀行の口座も用意しておくといいでしょう。

>>住信SBIネット銀行で口座開設

ブラウザやアプリは使いやすく、簡単にビットコインを購入できた

ブラウザ取引画面 参考:bitFlyer

入金が完了していれば、”買う”ボタンから簡単に購入できます。

bitFlyerスマホアプリ画面

シンプルな見た目で、操作も簡単です。購入したい銘柄を選択すれば、売買できる画面になります。
販売所での購入しかできていないため、もう少し勉強し、他の取引にも挑戦したいです。

>>bitFlyerをチェックする

リサーチによるデメリット3点

リサーチによるデメリット3点

調べてみて気がついたデメリットです。

  • スプレッドや出金手数料
  • 取扱通貨は多くない
  • 口座開設のキャンペーンはない

ちょくちょく取引をしたり、特典を受け取りたい場合はおすすめできないでしょう。

スプレッドや出金手数料は気になるところ

取引所名ビットコインのスプレッド
bitFlyer140,295円
Coincheck291,400円
GMOコイン237,374円
ビットコインのスプレッド比較(2022年5月現在)

ビットフライヤーのスプレッドはコインチェックやGMOコインと比較すると安いです。とはいえ、売買するだけでかかるコスト、と考えると高いです。
また出金についても、GMOコインなら少額なら無料で対応してくれるため、ビットフライヤーは割高に感じてしまいます。

取扱通貨は多くない

ビットフライヤーの取扱っている通貨数は販売所で15種類です。平均的で決して多くはありません。投資をしたい仮想通貨がない場合は、他の取引所を利用する必要があります。
いろんな仮想通貨を運用したい方はGMOコインがおすすめです。現在(2022年5月)、20種類の取扱い通貨があります。

>>GMOコインをチェックする

【2022年5月現在】口座開設のキャンペーンはない

各社で新規ユーザーの獲得のため、大々的なキャンペーンをしています。

  • Coincheck:新規口座開設と入金で2,500円分のビットコインがもらえる
  • GMOコイン:新規口座開設で200円分のビットコインがもらえる
  • DMM Bitcoin:新規口座開設で2000円がもらえる

>>Coincheckをチェックする
>>GMOコインをチェックする
>>DMM Bitcoinをチェックする

サービス内容・期間は各社によって違います。特典を受け取るためには必ずキャンペーン期間内に対応する必要があります。「気がついたら終わってる」ということにならないように、利用を検討している方は、早めに動いていきましょう。

ビットフライヤーも過去にはキャンペーンをしていたようですが、2022年5月の時点では何もありませんでした。残念です。

他の取引所では、特典をもらえるうちに口座開設をしたいですね…

リサーチによるメリット3点

参考:bitFlyer

ビットフライヤーが提供するサービスです。とくにクレジットカードはおすすめ。

  • クレカのメリットは大きい
  • レバレッジ取引ができる
  • セキュリティ面も安心

クレジットカード以外のメリットも、投資を進める上ではありがたいポイントです。

クレカのメリットは大きい

bitFlyerクレカは、使ったらビットコインで還元されるお得なクレジットカードです。ポイント還元できるタイプが多いですが、そのままビットコインとして貯まっていくのは珍しいです(できた当時は日本初)。先取りです。
買い物のついでに投資もしたい、なんて方には使いやすいです。

とはいえ、投資であることを忘れると損をしてしまうこともあるので、運用方法はあらかじめ検討しておきましょう。

上級者向けのbitFlyer Lightningでレバレッジ取引ができることも魅力

参考:bitFlyer

仮想通貨で、現物やFXなどの取引ができます。

私はまだまだ投資の知識が足りないので、手を出せませんが、投資経験者には魅力あるサービスではないでしょうか。2倍までレバレッジ取引ができるため、ハイリスクハイリターンを目指せます。

7年間ハッキングなしの安心感

安心して使える。というのは大切なことです。せっかく投資を始めたのに、いつ盗まれるか不安になる。こんなことでは、正常な判断で行動できません。
ビットフライヤーは業界最長でハッキングをされていません。セキュリティがしっかりしている証拠ですよね。

どこの取引所も信用にかかわるので、セキュリティで手は抜いていない。とは思いますが、実績は大事です。セキュリティを気にする方はビットフライヤーがいいでしょう。

>>bitFlyerをチェックする

結論:クレカとビットコインの組み合わせは大きなメリットだか…

クレジットカードとビットコインの組み合わせはビットフライヤーの大きな強み

いつもの買い物で、ビットコインが貯まるなんて、こんなに嬉しいことはありません。
”みんなクレカと合わせて使っていこう”と言いたいところですが、手数料や取扱い通貨を見ると、”絶対にビットフライヤーを使うべき”、とは言えない結果になりました。

他の取引所も利用して、さらに比較をしていきたいと思います。

「とりあえず口座開設をしてみよう」と考えている方は、ビットフライヤーではなく、新規口座開設でキャンペーンをしている取引所の口座を開設した方がお得です。

>>Coincheckをチェックする
>>GMOコインをチェックする
>>DMM Bitcoinをチェックする

クレジットカードの併用も考えている方は、ビットフライヤーを使って買い物しながら投資も進めていきましょう。

>>bitFlyerをチェックする