read

読書が苦手ならAudibleで克服【結論:インプットの方法を変える。Audibleで耳からインプットしてみよう】

読書が苦手ならAudibleで克服【結論:インプットの方法を変える。Audibleで耳からインプットしてみよう】
めがね氏

読書が苦手です。。。

まるを

活字を捨てて、耳からの読書で苦手を克服していきましょう。

こんにちは、まるをです。

多くのメリットがある読書ですが、実は苦手で本を読むことができなかったり、読んだけど内容を理解できなかったりすることってありますよね。

読書の苦手を克服する王道の方法としては、「全部読まない」「要点だけ掴む」「簡単な本を選ぶ」などの読書法があります。

しかし、結果として苦手を克服できなかった人も多いでしょう。

そこで今回は「視点を変えて読書の苦手を克服する方法」を紹介します。

この記事のポイント
  • 結論:読書が苦手ならAudibleで克服できる
  • 読書は目的を達成するための手段の一つ
  • インプットの方法を変える、活字がダメなら耳からインプット
  • Audibleは本を朗読してくれるサービス
  • 読書をあきらめることも手段の一つ

この記事を読めば、読書の苦手をAudibleで克服できる理由、読書の意味、Audibleがどんなサービスなのかわかりますよ。

こんな人におすすめ
  • 読書の苦手を克服したい
  • 読書はあきらめようと思っている
  • 読書が嫌い

読書が苦手ならAudibleで克服できる【インプットの方法を変えてみよう】

読書が苦手ならAudibleで克服できる【インプットの方法を変えてみよう】

Audibleは耳を使ったインプットだから

これが理由です。詳しく解説していきます。

結論:耳からのインプットで読書の苦手を克服する

Audibleを含めたオーディオブックは、耳で本の内容を聴くことができるサービスです。インプットは耳からになるわけですね。

くらべて、本は視覚からのインプットになります。

活字を読むことが苦手。活字を追うと眠くなってくる。活字を読んでも全然内容が入ってこない人も、インプットの場所を目から耳に変えることで、情報の入り方が変わってきます。

情報の入り方が変われば、これまで頭に定着しなかった本の内容も取り入れることができる可能性はありますよ。

例えば、通学中に聴いていた音楽の歌詞を覚えたりすることってありませんでしたか。何回も聴いた結果かもしれませんが、同じように本の内容を頭に定着することもできますよ。

苦手な読書を克服できます。

読書とは本の情報をインプットすること

読書とは、本の情報をインプットすること

この分野の知識を増やしたい、成長したいなどの目的があり、その情報を求めて本を読む。

こんな流れで読書をすることが多いですよね。

もちろん、楽しむための読書もいいですよ。(僕もラノベを読んで人生を楽しんでいます笑)

でも、読書の苦手を克服したい人は、自己成長のための読書をしたい人です。この自己成長のための読書は、その本に書いてある著者の考えや知識などの情報をインプットすることが目的です。

この読書の目的を忘れないでくださいね。

情報は目から仕入れなければならないという理由はない

ここまで読書という行為を分解してみると、実際に読まなくても、同じ情報を得ることができれば問題ありませんよね

なので、読書が苦手な人で、どうしても本から得たい情報があるなら、本から聴いてみるというアクションには価値があります。

根本的な読書の方法を変えてみましょう。

それでもダメだったら別の手段を試してみればいいだけですよ。

大事なことは目的を明確にして読書をすること

読書法的な話になりますが、読書をする上で、目的を明確にしておくことをおすすめします。関連記事があるので気になる人はこちらを参考にしてみてください。

【毎日アウトプットNo.1】本という情報資源を最大限活用する方法
【毎日アウトプットNo.1】本という情報資源を最大限活用する方法【毎日アウトプットNo.1】本から効率よく知識や情報を取り入れる方法。読書の目的がとても大事。そして、本から得た知識をアウトプットしていこう。...

理由は、目的がはっきりしていると、必要な情報を拾いやすくなるから。これは、耳で聴く場合も強く意識して欲しいですね。

目的を達成するために苦手な読書をAudibleで攻略

目的を達成するために苦手な読書をAudibleで攻略しよう

本は情報のかたまりです。

私も本からいろいろなことを学びました。本から楽しい体験もさせてもらいました。それは、これからも続いていきます。

本がなくても人生は豊かにできます。でも、本から得られることが多いことも事実ですよ。

苦手な読書をAudibleで攻略してみませんか?

・Audibleを無料体験する

【無料体験あり】Audibleは本の朗読を聞いて楽しむサービス

【無料体験あり】Audibleは本の朗読を聞いて楽しむサービス
  • 本の朗読を聴いて楽しむサービス
  • 月額1,500円(税込)
  • 会員は毎月1コインもらえる
  • 1コインで1コンテンツ
  • コンテンツの返品・交換もできる
  • 最初の1冊は無料
  • 30日間の無料体験あり
  • 無料期間中に退会も可能

Audibleは、本の朗読を聴ける月額制のサービスです。

読書が苦手な人はもちろん、普段から読書をする習慣がある人にも利用するメリットは多いです。

一つは、場所を選ばずに使えること。

移動中、他に作業をしながらでも、音楽を聴くように利用することができます。

また、30日間は無料で使える特典もあるので気軽に試せることも、大きなメリットですよね。

苦手な読書を克服したい!

こんな気持ちを持っている人には、ぜひ挑戦してみてもらいたいサービスです。

・Audibleを無料体験する

【朗報】無理に苦手な読書を克服しなくてもいい

【朗報】無理に苦手な読書を克服しなくてもいい

まずは少しずつ慣らしていく

読書が苦手だけど、どうしても本から情報を仕入れたい、学びたい人は、少しずつでいいので慣らしていきましょう。

本は全ページ読む必要はありません。必要なところだけ目を通すようにする、Audibleでも気になるところだけ聴くようにしていくなど、挫折しないように工夫をしていくことが大切です。

しんどかったら一旦休んでもいいですよ。

楽しむことも大事

読書をするうえで、楽しんで読む、楽しんで聴くことは非常に重要です。

つまらなかったらやめてしまってもいいんです

興味のあること、自分の琴線にふれたものを選び、楽しいと感じることができたら、苦手な読書も克服していけますよ。

読書が厳しかったら他のアクションを考える【他にも手段はあるよ】

どうしても読書はだめだ。。。

中にはこんな気持ちになる人もいると思います。

そのときは、気持ちを切り替えて、読書から離れていきましょう

いまでは、有益な動画も無料で配信されていますし、本の内容も動画にしてくれている人もいます。直接その知識を持っている人に聞いてみるのもいいでしょう。

目的を達成させる手段はいくらでもありますよ。

読書ができない自分はダメだと悲観的にならず、自分に合ったアクションを選んでみてくださいね。

まとめ:読書が苦手な人はAudibleで攻略|それでもダメなら次の手段

多くの人が読書の重要性を語っています。それだけ、読書によって得られる恩恵が大きいということですよね。

ぜひ、読書が苦手な人はAudibleを使って克服していってほしいですね。

最初は無料で利用できるので、まだ使ってない人は損してますよ。

無料体験はいつ終了するかわかりませんので、良き恩恵が受けれるうちに利用しておきましょう。

・Audibleを無料体験する

それでもダメなら次の一手を考えていきましょう。

読書については何をやってもダメだった。。。

このことがわかっただけでも一つ前に進んでいますよ。

実際に、私がAudibleを使ってみた感想を書いたこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

化物語の新しい楽しみ方を発見!【答え:Audibleでも楽しめる】
化物語の新しい楽しみ方を発見!【答え:Audibleでも楽しめる】化物語がAudibleでも配信。小説やアニメ、漫画版とは違った楽しみ方をすることができますよ。化物語がAudibleでも楽しめる理由やAudibleのデメリットを解説しています。...
半年間Audibleを使って感じたデメリットとメリット【単純作業中に最適】Audibleの徹底レビュー。半年間実際に利用して感じたデメリットやメリットを解説。結論:シーンによっては使えるツール。Audibleを使ってみようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。...