work

【毎日アウトプットNo.4】在宅勤務のメリット・デメリット

【毎日アウトプットNo.4】在宅勤務のメリット・デメリット
まるを
まるを
6月に働いていた職場を退職し、自宅で仕事をするようになりました。在宅ワークをしていて感じたことを記録していきます。

在宅ワークのメリット・デメリット

メリット

  • 通勤時間がゼロ
  • 自由なスタイルで働ける
  • リラックスして休憩ができる

自宅で何日か働いてみて、感じたメリットはこんな感じ。

特に通勤時間がゼロになったのは、個人的にとても嬉しいです。いままでは、出勤に1時間半ほど掛かっていたので、とても楽に感じています。

混んでいる電車に乗らなくてよくなりました!!

一度、電車の中で倒れたこともあり、満員電車のストレスがなくなった解放感は絶大です。

また、職場では決まったところで作業をしなければなりませんでした。

それが、自宅の場合は気分転換を変えたいとき、場所を選ばずに作業ができるようになり、マンネリ化を防いでくれています。

あとは、気兼ねなく休憩ができることもメリットの一つ。

横になることもできますし、リフレッシュ感が会社で休憩をしているときと段違いです!

デメリット

  • メリハリをつけて働かないとだれてしまう
  • 子供が帰ってきたらカオス
  • サラリーマンも卒業したので収入が安定しない

一番気をつけなければならないと思ったのが、メリハリです。。。

油断するとすぐにだれます。

これは、まだ僕が自宅での効率のよい働き方を定着できていないことも原因ではありますが、管理できる仕組み作りが大切だなと感じています。

そして、夕方ごろになると子供たちが帰ってきます。

カオス!!!

仕事どころではありません(笑)。

自宅が広くないので同じ環境にいながらの作業になります。いまは子供が帰ってくるまでが日中の仕事の時間として決めています。

妻と子供3人との5人家族なので、集まったときのガヤガヤ感は無限大です。。。

最後に、これは在宅ワークとは関係ないことかもしれない個人的なことです。

いままでのように、決められた仕事をこなしていればお給料をもらえることはなくなりました。サラリーマン卒業です。

在宅ワークの強みを活かし、頑張っていきたいと思います。

働いていく環境を整えていく

これから効率よく働けるように、自宅での働き方についても学んでいきます。

手始めに、小山龍介さんの在宅HACKS!を購入したので、明日はその話を記録していこうと思います。

すばらしい仕事環境を手に入れるために、頑張っていきましょう!!