work

【毎日アウトプットNo.5】行動を管理して在宅ワークを充実させる

【毎日アウトプットNo.5】行動を管理して在宅ワークを充実させる
まるを
まるを
昨日に引き続き在宅ワークについて記録していこうと思います。本日は小山龍介さんの「在宅HACKS!」から。
  • 環境整備
  • 行動管理
  • コミュニケーション
  • 情報整理
  • メンタル&ヘルス
  • 副業

「在宅HACKS!」の中では、この6つのことが紹介されています。

今回は、この中から行動管理について記録していこうと思います!

行動管理をハックすることで高いアウトプットを実現!

このテーマにした理由は、在宅ワークを始めるにあたって、特に必要性を感じたからです。

というのも、自宅で仕事をするときにオン・オフのメリハリをつけるのが難しかった。

すぐに活かしていこうと思ったポイントを3つ紹介します!

  1. オン・オフを切り替えるトリガーを持つ
  2. ルーティンを作る
  3. 1日の締め切りを入れる

1.オン・オフを切り替えるトリガーを持つ

在宅ワークでとくに難しいのがオン・オフのメリハリをつけること。

この切り替えのトリガーを「にするというのが「在宅HACKS!」で書かれています。

気持ちの切り替えにもなりいいですね!早速日常に取り入れていきたいと思います。

自分なりのオンのスイッチ、オフのスイッチを考えて作っていくことが、在宅ワークを充実させる秘訣になりそうですね。

2.ルーティンを作る

これは、多くの人が伝えていることだと思います。

システムによって行動を管理すると言うことですね!

僕も、在宅で働く際に一つ決めたことがあります。

それは、「毎日アウトプット」するということです。文章のトレーニング、インプットの充実を目的に行っています。

1日の始まりはこのアウトプットからと決めてから、インプットの質も高くなったようなきがしています(ほんまかいっ笑)。

以降の仕事の流れが、まだ決まっていないので、これから考えていこうと思います。少なくとも午前中は決めて動いていこうと考えています。

3.1日の締め切りを入れる

1日の中で、締め切りを作るということが、集中力を高める一つの方法になるそうです。

区切りを設け、時間的制約の中に身を置くことで、集中して作業をしないといけない環境を作るわけですね。

僕は、夕方に子供たちが帰宅してくるので、その時間をデッドラインとし、なんとかその日のタスクは終わらせられるようにする。

こう考えて、いまはやっています。

なかなか上手くいきませんが。。。

試行錯誤して、最高の状態で働けるようにしていきたいですね!!

まとめ

今回は、行動管理についてのみ書いていきましたが、「在宅HACKS!」には、他にもたくさんのことが書かれています!

参考にして、自宅での仕事の環境を最高なものにしていきたいと思います!

では、また!!